HOME > BAROZZO Blog

BAROZZO Blog

ある日のランチ♪

当店は酒場(バルとも言う)を自称してるわけですが、

諸事情あってお昼はランチなんかもやってるわけです。

まあ平日限定で定休日をはさむので、

月・水・木の3日間だけなんですが・・・。

これはある日のランチ。

暇だったので撮影用に盛り込んで自らのまかないに(笑)

まずは前菜の5点盛り。

hov up_R.JPG

「十品目野菜のグリーンサラダ」から時計回りに、

「無農薬季節野菜の自家製ピクルス」

「イベリコ豚のパテ・ド・カンパーニュ」

「茄子のシェリーヴィネガーマリネ」

「スペイン風オムレツ」

「温かいカボチャのクレーム・ド・ポティロン」
です。

基本的に夜は酒のつまみにならない様なメイン料理は、

ほぼやらないんですが、

ランチはそうもいってられません。


humburg_R.JPG

この日のメインは「てごねハンバーグのロースト」


バルサミコ酢を効かせたデミソース仕立てです。

メインは2種類から選べるんですがこの日のもう一方は、

たしか「森林鶏のチキンステーキ エスパニョールソース」

だったかな?


これにパンかライスが付いて、ドリンク・デザートも付いて、

lunch_R.JPG

1000円税込となっております・・・。

たまに言われるんですよね、

パスタは無いのか?と。

やりたいのはやまやまなんですがね~。

やっていなくも無いんですが、仮に用意しておいたメインが、

なくなってしまった場合に限りお出ししたりしています。

お昼は皆さん移動時間込みで休憩が1時間位しかないと思うので、

混雑しちゃうとパスタはやっぱり厳しいのです!

13時以降で時間をもらえるならば、

同じ金額でメインをパスタにするのは可能ですけどね♪

ちなみにライスの大盛りは大歓迎です、無料で♪

ベルギービール再び

今日はビールの小難しいお話、長いですよ(笑)

ベルギービールにはトラピストビールというカテゴリーがあるんですが、

ご存知でしょうか?

簡単に言うと修道院で造られているビールということです。

現在では世界中に7ヶ所しか無いといわれており、

そのうちの6つが実はベルギーにあったりするわけです。

ちなみにバロッツォにあるのは「シメイ」と「オルヴァル」。

修道士が造ったビールが日本に居ながらにして飲めるなんて、

いやはや良い時代に生まれたものです。

ただ、時代に流されないというか頑なというか、

このうちの一銘柄だけは世間一般に出回っていません。

そう、知る人ぞ知るシント・シクステュス修道院が造る、

「ウェストフレテレン」です。

ビールの国際的な品評会でも絶賛を浴びたこのビール、

なぜ出回っていないのか?


答えは簡単です。

ここの修道院は商業用には造ってないから(笑)

そんなことを言わずそこをなんとかm(_ _)m

という方、まめにネットで探してみてください!

たまに出回ってます♪

一本数千円ですが(爆)

なに、高すぎる?

ではしょうがない、そんなあなたに朗報。


実はここんちは商用には造らないものの、

他の醸造所にレシピを提供し、ほぼ同じものを造らせているんです!!

それが1本1000円ほどで、しかもバロッツォで飲めるとしたら・・・、

そう、お気付きですね!

宣伝です(笑)

そのおすすめベルギービールがコチラ↓


abto.jpg

「セントベルナルデュス・アブト 1100円」


悪ふざけが過ぎましたが冗談抜きに旨いです♪

新たにラインナップに加わりましたのでご紹介しました~。

仔羊のフレンチラック♪

rumb_R.jpg

こういうのを料理してるとやっぱり楽しいですよね~。

コレは仔羊です、しかも96時間のドライエイジング仕様。

(低温・乾燥を保った状態で熟成をさせ、

通常のラム肉より水分が抜けて旨みが凝縮したもの)

さらに余分な脂(羊肉特有の臭いはここに多い)を除去した、

写真の様な骨付きの背ロースをフレンチラックって言います。

一本ずつにばらしてチョップにしたほうが調理はしやすいんだけど、

ミディアムレアで綺麗なピンク色(ビアンロゼといいます)にするには、

ラックごと焼いて後から切ったほうが良い訳です。

でもラック売りするわけにも行かないし、

オーダーは4人前から5000円って(笑)・・・どうしよう?

ということで、2リブのラックに分けてローストします!

ってたいしたことではないんだけど・・・。

2本ラムチョップが付いて税込み1200円なら文句はあるまい!!

ということで今週いっぱいはおすすめで置いておきます♪


パスタとかピザを売っておいてなんですが、

こういうのを頼んでくれるとおっ!と思いますね(笑)

バロッツォの野菜

yayakitamame.JPG

欧州旨いもん酒場と銘打っているだけに、

バロッツォではヨーロッパの食材にこだわってるんですが、

国産の方が美味しいものもたくさんあります。

その一つが野菜。

野菜は基本的に熟成しないため鮮度が命!

当店ではなるべく無農薬で美味しい野菜を、

取り扱うよう日々奔走しております。

今日ご紹介するのは当店一押しの農家さんで、

ヤヤキタ農園さんです。

写真の枝豆は「秋枝豆」なんですが、

個人的には鶴岡産のだだちゃ豆よりも、

ぜんぜん旨いです!

会員になると定期的に野菜を送ってもらえるので、

是非チェックしてね♪

何でヤヤキタっていう変な名前なのかというと・・・

まあその辺はヤヤパパのブログをチェック(笑)

下のリンクはヤヤキタの野菜ショップです。


http://yayakita.ocnk.net/

お知らせ

今週から来週にかけて、

営業日・時間などが変則になっております!

7日の日曜日はフレアバーカップ及び、

打ち上げ飲み会営業にて貸切。

(参加したい方はミッチーまで、会費3000円!料理少なめ)

8日の月曜日はランチがお休み、

夜は通常通り17時半から営業。

9日は貸切パーティーがあるため、

20時から休日営業いたします♪

水曜日は通常通り。

11日の木曜日は振り替えでお休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたしますm(_ _)m



美食の秋♪

ということでー、

赤ワインが美味しい季節到来♪

なので本日月曜日から料理がリニューアル!


akawainnni

写真は「牛バラ・スジ肉の赤ワイン煮込み」です。

フォンドヴォーとポルト酒を効かせてます、

特に渋めの赤ワインとは最高のマリアージュでしょう♪


ベルギービール

「ベルギービールってあれでしょ?

なんか甘くて変な味の?」

って思ってる方、

是非一度当店の樽生ベルギービールをお試しあれ!

瓶でも美味しいビールはあるんですが、

樽生は一味も二味も違った美味さがあります♪

ちなみに当店では、

berugianbeer

食事にぴったりの元祖プレミアムビール

「キリン・ハートランド」


小麦で作るベルギービールの最高傑作

「ヒューガルデン・ホワイト」


フルーツビールの中でもひときわフルーティー

「リーフマン」


の3種類を常時樽生でお出ししております。

酒好きなら人生で一度は飲むべきビールたちですよ!!


ちなみに

バロッツォのお盆休みは20日(月)と21日(火)の、

2連休のみです!

働かざるもの喰うべからず!

稼がざるもの休むべからず!!

来年は稼いでヨーロッパ旅行じゃあああああ(涙)


guitar

写真に意味はありません(笑)

トマトの季節

トマトが美味しい季節になりましたね!

バロッツォでは無農薬栽培のトマトを、

色々取り揃えておりまして、


tomato

大玉、中玉、プチトマト赤黄、長細いの、

それぞれ美味しいんですよね~。


ものぐさなワタクシはピクルスにするのも、

基本皮付きでやっちゃうんですが、

北海道のヤマちゃん(北海道No1フレアバーテンダー)を

見習って、アイコを湯剥きしてみました(笑)

boild tomato

きっと美味しいピクルスになるはず!!


でも皮剥くと日持ちしないんだよな・・・溶けちゃって(笑)


マイブーム

は、なんと言っても魚です!

さごち_R.JPG

本日のお魚。

一見して分かったあなたはそうとうの通ですね♪

そう、サゴチです。サワラの小さいやつね。

サワラは身割れしやすく、関東ではなかなか刺身では

食べる機会が少ない魚なんですが、

歩留まりが良いので焼き魚として大変重宝されている魚。

サゴチはサワラより身が締まってるので脂はそれなりですが、

刺身でもいけちゃいます。明日は定休日なので、

今日分のカルパッチョ以外はエスカベッシュに♪

金曜日くらいまで楽しめるかも?


これはある日のスズキ(フッコサイズかな?)

すずき_R.JPG

はたまたこんな魚も!?

とびうお_R.JPG


<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ