HOME > BAROZZO Blog > アーカイブ > ビールの最近のブログ記事

BAROZZO Blog ビールの最近のブログ記事

更新ラッシュ(笑)

なんと!1ヶ月に3回目の更新です(笑)

まあ今回はゴールデンウィークのお知らせですがね・・・。

当店はスタッフに優しくない年中無休の交代制なのですが、

5月7日の木曜日はバロッツォはお休みとなります。

ちなみにフレアバーも急遽6日が店休となるため、

間違って来ても良いけどどっちかしかやってませんので、

悪しからず♪


そういえば先日紹介したレッドライオン試飲してみました!

予想以上に旨いです♪ヴァイツェンとIPAの良いとこ取りですね(笑)

5月中にはなくなると思うのでお早めに!


あっ

今気付きました!

メニューだけ更新してたんですが、

ベルビュークリークの樽生やってました!(笑)

告知してませんでしたねm(_ _)m

と言うわけでコチラもよろしく♪


kuri-ku.jpg


お待たせしました!

人気過ぎて全国的に品薄なプランクが再入荷しました!

今回はプランクが手がける超限定ビールの「レッドライオン」も少量入荷!!

ヴァイツェンなのにIPAという変り種です♪

お見逃しなく!!


redlion_R.JPG


新着ビール!

もはや月いち更新ですね(笑)

久々に新着ビール情報です!

newbeer_R.jpg

ベルギービールに詳しくない人にはさっぱり伝わらないでしょうが、

遂にシメイのドレーが日本で飲めますよ!!

修道院そばのカフェなどでしか飲むことが出来ないと言われている、

あのシメイのゴールド(ブラック)ラベルですね。


ブリュッセルでもお目にかかったことはありません。

他にもアメリカ市場向けのアルコール度数がやや控えめ、

(と言っても7%以上)のデュベルや、

セントベルナルデュスでおなじみのピエールセリスの氏が、

洞窟でコツ出熟成させたグロッテンビアもあります!

前はフルボトルしかなかったんですが最近小瓶が入荷しました。

何本かずつありますが、とりあえず早い者勝ち(笑)

ヴァルシュタイナー樽生!

秋を通り越してすっかり冬の装いですが、

樽生ビールを変更します。

リーフマンにはコアなファンはいたのですが、

なかなか宇都宮で20Lのフルーツビールを回転させるのは難しく、

このたびスタメン落ちとなりました・・・。

楽しみにしてた方、力不足でゴメンナサイm(_ _ )m


代わりといっては逆に凄いんですが(笑)

栃木県初上陸のドイツビールがやってきます!

ドイツ国内で最も売れているジャーマンピルスナーで、

その名も「ヴァルシュタイナー」!

varsyutaina-.jpg

17日の日曜日から飲めますのでお楽しみに♪


もちろん麦芽100%のドイツ仕様です!!

新着ビール

お試しでボトルビールを仕入れました♪

bluemoon.jpg

青いのはアメリカで一番売れているらしいクラフトビールで、

いわゆるヒューガルデンを意識した、

ベルジャンスタイル、ホワイトビールです。

オレンジのフレーヴァーがヒューガルデンよりも強く、

よりフルーティーでかなり飲みやすいです。

もう一本はおなじみのデュベル。

もともと1回こっきりの限定発売だったのが、

熱烈なファンの執拗なリクエストを受けて、

毎年限定生産することになってしまった(笑)、

その名もトリプルホップです。

通常は2種類のホップを使うんですが、

トリプルホップはさらにもう1種類ホップを使います。

去年はアメリカ産でしたが今年は日本産のホップ入りです!

毎年味が違うってのがまた良いですね♪

味わいはレモングラスやライムなどの、

シトラス感がしっかりで苦味と飲み応えもバッチリです。

ちょっとしかないので飲みたい方はお早めに♪


早1ヶ月半!

更新してませんでした・・・。

3月はおかげ様で忙しくブログをやる間もなかったくらいで、

嬉しいやら悲しいやら、まあ4月の更新頻度は増すでしょう(笑)


先日のベルギービールの続き~的な、

まずはこちら、ベルギービールファンなら誰でも知ってる?

ア・ラ・モール・シュビット(確か突然死って言う意味だったかな?)

っていう名前のお店のビール。

DSC_0038(1)_R.jpg

ブリュッセル近郊だけで作られてるランビックビールの、

フルーツとかを混ぜてない奴を「グーズ」と言うんですが、

まさにそれです!


グラスはカンティヨンのグーズグラスを借用。

ちょい甘めでフルーティーですね、それほど酸っぱくないです。

もう一つはフレアバーで樽生が飲めるベルビューの、

クリークじゃない方の、こちらもグーズビール!


b gueuze_R.jpg

ほうほう、旨いですね♪

ベルビュークリークの酸味はチェリー由来なのか迷ってましたが、

こちらを飲んだ限り、ランビック特有の酸味であることが判明!

勉強になるなあ、自然発酵の面白さ。

えっ?一個も面白くないって?だって今回は備忘録だから・・・。

待て次号!!



ベルギービールは楽しい♪

まだまだ寒い日が続いてますね、

なんとか体調を管理しつつ頑張ってますが、

どうも寒いのは苦手です・・・。

さて、当店のおすすめといえばヒューガルデンの樽生ですが、

意外と瓶でもいろいろ出てたりします。

ヒューガルデンのグランクリュや禁断の果実なんかは、

たまに売っていいるのを見かけますね。

今日はたまたま入手した珍しいヒューガルデンのご紹介。

まずはこちら、

h rose_R.jpg

ヒューガルデン・ロゼって書いてありますね。

フランボワーズ(木苺)風味のフルーティーなビール!

これは旨かった♪フレアバーで今お薦めしている、

チェリー味のベルビュークリークとはまた一味違いますね。

h citron_R.jpg

つづいてシトロン(レモン)

うん、まさにレモネード割り(笑)ちょっと薄いかも・・・。

生ヒューガルデンで僕が作ったほうが旨いはず(笑)

h special_R.jpg

そしてスペシャル!

ほう・・・、グランクリュとはまた違った味わい、

クローブやバナナ香が豊かでややスパイシー、

ドイツのヴァイツェンに近いかも?

皆さんも見つけたら是非お試しあれ♪


ドイツのヴァイツェンといえば、プランク再入荷してます!

軽めのライヒテス、へフェヴァイツェン、ヘラーヴァイツェンボックの3本立て!

ヒューガルデンと違った小麦ビールの旨さがあります、

ボトルビールなのに生ビールに負けてないところがすごい・・・。




新年

9日も空けましておめでとうございます(汗)

新年がもう9日も過ぎちゃいましたね、

遅ればせながら本年も宜しくお願いいたします!

さて、気を取り直して2013年最初のネタは!?

コチラっ!


plank_R.JPG

ごく一部の常連さんしかまだ飲んでませんが、

プランクビア4種類入荷しました!!

って言ってもそうとうのビール通しか分かりませんよね(笑)

WORLD BEER CUPっていう大会があるんです。

2年に一度だけアメリカで開催されていて、

その大会で2002年以降毎回金賞を獲得してる醸造所。

っていったらちょっとすごいでしょ?

しかも'02と'12は小規模醸造所部門でチャンピオンになってます!

そんなビールが宇都宮に初上陸なわけです!!

飲みたいでしょ♪バロッツォで飲めます(笑)


それでは気になるラインアップを紹介!

一番アップの写真が
「ヘフェヴァイツェン」

無ろ過の小麦ビールで、ベルギーのようにフレーバーはつけないので、

純粋に小麦麦芽の味わいが楽しめる逸品です。


ヒューガルデンが好きな方は是非お試しを!

奥の左端が「ピルザール」

いわゆるドイツスタイルのピルスナーですね。

僕が子供の頃思い描いていたドイツビールの味がまさにコレ、

エビスとプレモルの良いとこ取りといった感じで旨し!!


そのとなりが「ヘラーヴァイツェンボック」

これこそが2002年以降毎回受賞を逃さない強者なのです!

ボックはドイツ特有のビールで度数の高い下面醗酵ビールです、

プランクを語るにはこいつを飲まねば始まりませんね♪


そして最後一番右端が「ドゥンケラーヴァイツェンボック」

ドゥンケルっていうのはダークビールのことね、

ヘラーが明るいって言う意味なのに対し、こちらはまさに琥珀色。

当然味も濃厚になっております♪


ちなみに「ヘラーヴァイツェンボック」はワールドビアカップで、

毎回金賞をとってるんですが、'04だけは惜しくも銅賞でした。


なぜか?

それは'04の金賞は「ドゥンケラー」の方が獲っちゃったから!!

ってどんだけすごいんだよ(笑)


というわけで2013年はプランクビアでプロースト~(乾杯)♪

ベルギービール再び

今日はビールの小難しいお話、長いですよ(笑)

ベルギービールにはトラピストビールというカテゴリーがあるんですが、

ご存知でしょうか?

簡単に言うと修道院で造られているビールということです。

現在では世界中に7ヶ所しか無いといわれており、

そのうちの6つが実はベルギーにあったりするわけです。

ちなみにバロッツォにあるのは「シメイ」と「オルヴァル」。

修道士が造ったビールが日本に居ながらにして飲めるなんて、

いやはや良い時代に生まれたものです。

ただ、時代に流されないというか頑なというか、

このうちの一銘柄だけは世間一般に出回っていません。

そう、知る人ぞ知るシント・シクステュス修道院が造る、

「ウェストフレテレン」です。

ビールの国際的な品評会でも絶賛を浴びたこのビール、

なぜ出回っていないのか?


答えは簡単です。

ここの修道院は商業用には造ってないから(笑)

そんなことを言わずそこをなんとかm(_ _)m

という方、まめにネットで探してみてください!

たまに出回ってます♪

一本数千円ですが(爆)

なに、高すぎる?

ではしょうがない、そんなあなたに朗報。


実はここんちは商用には造らないものの、

他の醸造所にレシピを提供し、ほぼ同じものを造らせているんです!!

それが1本1000円ほどで、しかもバロッツォで飲めるとしたら・・・、

そう、お気付きですね!

宣伝です(笑)

そのおすすめベルギービールがコチラ↓


abto.jpg

「セントベルナルデュス・アブト 1100円」


悪ふざけが過ぎましたが冗談抜きに旨いです♪

新たにラインナップに加わりましたのでご紹介しました~。

12

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | ランチ »

このページのトップへ