HOME > BAROZZO Blog > アーカイブ > 2012年10月アーカイブ

BAROZZO Blog 2012年10月アーカイブ

ベルギービール再び

今日はビールの小難しいお話、長いですよ(笑)

ベルギービールにはトラピストビールというカテゴリーがあるんですが、

ご存知でしょうか?

簡単に言うと修道院で造られているビールということです。

現在では世界中に7ヶ所しか無いといわれており、

そのうちの6つが実はベルギーにあったりするわけです。

ちなみにバロッツォにあるのは「シメイ」と「オルヴァル」。

修道士が造ったビールが日本に居ながらにして飲めるなんて、

いやはや良い時代に生まれたものです。

ただ、時代に流されないというか頑なというか、

このうちの一銘柄だけは世間一般に出回っていません。

そう、知る人ぞ知るシント・シクステュス修道院が造る、

「ウェストフレテレン」です。

ビールの国際的な品評会でも絶賛を浴びたこのビール、

なぜ出回っていないのか?


答えは簡単です。

ここの修道院は商業用には造ってないから(笑)

そんなことを言わずそこをなんとかm(_ _)m

という方、まめにネットで探してみてください!

たまに出回ってます♪

一本数千円ですが(爆)

なに、高すぎる?

ではしょうがない、そんなあなたに朗報。


実はここんちは商用には造らないものの、

他の醸造所にレシピを提供し、ほぼ同じものを造らせているんです!!

それが1本1000円ほどで、しかもバロッツォで飲めるとしたら・・・、

そう、お気付きですね!

宣伝です(笑)

そのおすすめベルギービールがコチラ↓


abto.jpg

「セントベルナルデュス・アブト 1100円」


悪ふざけが過ぎましたが冗談抜きに旨いです♪

新たにラインナップに加わりましたのでご紹介しました~。

仔羊のフレンチラック♪

rumb_R.jpg

こういうのを料理してるとやっぱり楽しいですよね~。

コレは仔羊です、しかも96時間のドライエイジング仕様。

(低温・乾燥を保った状態で熟成をさせ、

通常のラム肉より水分が抜けて旨みが凝縮したもの)

さらに余分な脂(羊肉特有の臭いはここに多い)を除去した、

写真の様な骨付きの背ロースをフレンチラックって言います。

一本ずつにばらしてチョップにしたほうが調理はしやすいんだけど、

ミディアムレアで綺麗なピンク色(ビアンロゼといいます)にするには、

ラックごと焼いて後から切ったほうが良い訳です。

でもラック売りするわけにも行かないし、

オーダーは4人前から5000円って(笑)・・・どうしよう?

ということで、2リブのラックに分けてローストします!

ってたいしたことではないんだけど・・・。

2本ラムチョップが付いて税込み1200円なら文句はあるまい!!

ということで今週いっぱいはおすすめで置いておきます♪


パスタとかピザを売っておいてなんですが、

こういうのを頼んでくれるとおっ!と思いますね(笑)

バロッツォの野菜

yayakitamame.JPG

欧州旨いもん酒場と銘打っているだけに、

バロッツォではヨーロッパの食材にこだわってるんですが、

国産の方が美味しいものもたくさんあります。

その一つが野菜。

野菜は基本的に熟成しないため鮮度が命!

当店ではなるべく無農薬で美味しい野菜を、

取り扱うよう日々奔走しております。

今日ご紹介するのは当店一押しの農家さんで、

ヤヤキタ農園さんです。

写真の枝豆は「秋枝豆」なんですが、

個人的には鶴岡産のだだちゃ豆よりも、

ぜんぜん旨いです!

会員になると定期的に野菜を送ってもらえるので、

是非チェックしてね♪

何でヤヤキタっていう変な名前なのかというと・・・

まあその辺はヤヤパパのブログをチェック(笑)

下のリンクはヤヤキタの野菜ショップです。


http://yayakita.ocnk.net/

お知らせ

今週から来週にかけて、

営業日・時間などが変則になっております!

7日の日曜日はフレアバーカップ及び、

打ち上げ飲み会営業にて貸切。

(参加したい方はミッチーまで、会費3000円!料理少なめ)

8日の月曜日はランチがお休み、

夜は通常通り17時半から営業。

9日は貸切パーティーがあるため、

20時から休日営業いたします♪

水曜日は通常通り。

11日の木曜日は振り替えでお休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたしますm(_ _)m



1

« 2012年9月 | メインページ | アーカイブ | 2012年11月 »

このページのトップへ